2020CSR報告書

11月に発行しておりましたCSR報告書。
CSR報告会の様子が2020年12月3日号のタウンニュースに掲載されたこともあり、報告書発行のお知らせをこちらのマガジンでも。
今年はESGをベースにしたページ構成です。ぜひご覧くださいませ。

2020CSR報告書

(CSR報告書代表挨拶抜粋)
 平素は格別のお引き立てを賜わり厚く御礼申し上げます。2020年版のCSR報告書をお届けいたします。
 もはや耳にタコでうんざりされていることとは思いますが、やはり今年は”コロナ禍”に言及せざるを得ません。当社はもとより印刷産業全体が大きな影響を受けたことは言うまでもありませんが、私たちにとっては単なる仕事としての関わりを超えて、毎年すべての社員が楽しみに、そして誇りに思い、毎年開催されることが当たり前だと思っていた全国高等学校野球選手権神奈川大会が中止になってしまったことは、何より衝撃的な出来事でした。
 コロナへの政府や世間の反応にも納得のいかないことは多々ありますが、そんな中でも自社の事業を今一度見つめ直すことができ、ピンチの中にもチャンスありを実感できた1年でもありました。いつかは改革しなければならないと思いながら、ついつい惰性で続けてきてしまった多くのことが、「いま」やらなければならないこととして目の前に突きつけられ、毎日新しいことだらけで新鮮です。
 CSRの目的が「企業の永続的成長」であるとすれば、いま自分たちがやらなければならない”次の一手”が少なからず見えているということが、取りもなおさず昨年まで継続してきたCSRの成果なのではないかと、これまでご指導いただいたすべてのみなさまに心より感謝申し上げる次第です。
 日頃からの皆さまのご厚情に心より御礼申し上げるとともに、是非本書をご一読いただき、忌憚のないご意見、ご質問、叱咤激励など賜わりますようお願い申し上げます。

2020年11月
 株式会社協進印刷
 代表取締役社長 江 森 克 治

私たちの取り組みの最新記事8件

>CX向上のためのCSR講座

CX向上のためのCSR講座

顧客満足度を向上させるための要素として、CX(カスタマーエクスペリエンス)の重要度が高まっています。顧客が企業や店舗を選定する上で、商品そのものの良さや金額の納得感だけでなく、その企業や店舗を通しての「顧客の経験」全体が満足度と密接に関係しているからです。そして「経験」の中には、その企業がどんな企業なのか、どのような理念をもって活動しているのか、といった企業そのものへの評価も含まれています。顧客は「良き企業」との経験を通じて満足度を高めていくと考えられます。 そして「良き企業」に向かうためのキーワードが「CSR」です。環境保護、働き方改革、SDGs、コンプライアンス、社会貢献など、 近頃話題になっているこれらのキーワードはすべて「CSR」の取り組みです。企業に対する社会の目が厳しさを増す今日、「CSR」を理解しておくことが実はCX向上への近道なのです。主に中小・中堅企業の経営者、経営幹部、総務部長、CSR担当者向けにCX向上のためのCSR講座を開催します。

CTR IMG