CATEGORY

メディア掲載

SDGsセミナーが住宅新報に掲載されました

弊社代表の江森が講師を務める「SDGs&CSR実践導入セミナー〜SDG Compassを活用してイチから学ぶSDGs導入〜」が住宅新報に掲載されました。本セミナーは定期的に開催しておりますので、ご興味のある方はぜひご参加ください!

横浜市ウェブサイト・区長瓦版からメッセージをいただきました

9月27日、横浜市ウェブサイトの神奈川区版、区長瓦版のページで、協進印刷について取り上げていただきました。当社発行の”STOP自殺生きるのがつらそうな友だちのために、あなたにできること”という絵本を神奈川区に寄贈した日のことを日比野区長が綴ってくださいました。その贈呈式後の対話の中で、日比野区長は、コロナ禍において事業が相次いで停滞してしまっていることを歯がゆく感じておられるようで、本活動のような […]

“認知症を知ろう”ポスター タウンニュースに掲載

先日紹介いたしました「“認知症を知ろう”ポスター 早期発見編」。認知症啓発のためのプロジェクト(六角橋オレンジプロジェクト)で制作したポスターがタウンニュースに掲載されました。六角橋商店街連合会を中心とした、自治体・学生・企業・医療機関・ケアプラザなどの協働プロジェクトで、当社は取材や編集などを担当、ディレクターとして参画しています。これからも地元のみなさまと協力しながらより良いまちづくりに取り組 […]

クリアファイルも脱プラ
(タウンニュースNO.666に掲載)

2021年7月1日(木)発行のタウンニュース神奈川区版に、オリジナル商品「紙製クリアファイル」の記事が掲載されています。(「紙ファイルでSDGs 脱プラスチックで海を守るファイル。」HAMARUで展示中!)この記事を読んだご近所の方も購入してくださいました。できることを少しずつ・・・広がっていくことを期待しています。 タウンニュースNO.666はこちら 紙製クリアファイルのお問い合わせはこちら

横浜型地域貢献企業プロモーション動画公開!

横浜市から、横浜型地域貢献企業「プレミアム企業」としてプロモーション動画を作成していただきました!代表江森のインタビュー以外にも、従業員インタビューも!ぜひご覧ください。

コロナの夏に思うこと

メディア掲載のお知らせです。弊社代表の江森が「日本の印刷」に寄稿しています。ぜひご覧くださいませ。 ————————————————————— […]

“令和版構造改善事業”全印工連・印刷版DXの開発に着手

いよいよ緊急事態宣言が解除されるようで、ひとまずホッとしている真島です。とはいえ、第2波があってはいけませんので、感染予防対策は緩めず続けたいと思います。 今日は業界ニュースネタです。過日、全日本印刷工業組合連合会(全印工連)で令和2年度からスタートする「全印工連DX(デジタルトランスフォーメーション)プロジェクト」の記者会見がありました。(写真右から3番目、弊社代表の江森も出席いたしました)日本 […]

「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」に出演します

今日はメディア出演のお知らせです。 月曜日~木曜日 6:00~9:00(生放送)ナビゲーター別所哲也さんの「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」に、代表の江森が出演いたします。 【放送予定日】2020年 4月27日(月)~ 4月30日(木)までの4日間※6:15~6:20(5分間)【コーナー】「リクルート THE WORK SHIFT」  ※働き方改革についてお話します テレワー […]

私はこんな本を読んできた-印刷業界人の「本棚」

桜の開花予想も発表され、今日は春の足音がきこえてくるお天気ですね。それと同時にウイルスの退散の足音もきこえて欲しいものです。 さて、みなさんはどのくらい読書されていますか?最近は電車でも、本よりスマホを見ている方が多いですよね。そういうわたしも読書は後回しになりがちです(^^;)そんなわたしにピッタリな弊社の取り組みがありまして、正社員は月2冊、フレキシブル社員は月1冊の読書をしましょう!という目 […]

NO IMAGE

すぐできるSDGsのヒント〜海の豊かさを守ろう編〜

2015年に国連が策定した2030年までの世界共通の目標であるSDGs(持続可能な開発目標)は、コロナ禍で一層注目が集まっており、もはや「やった方が良いこと」から「やらなければならないこと」として定着しつつあります。 このセミナーは、いますぐ取り組める具体的なSDGsの取り組みを提案し、その取り組みが必要とされる背景、いま直面している課題について、明るくわかりやすく解説します。 今回のテーマはSDGsのゴール14「海の豊かさを守ろう」。 国連が示している17のゴール、169のターゲット、232の指標のどこに該当するのかもわかりますので、SDGsウォッシュといわれるような根拠のない取り組みになってしまう心配もありません。サステナブルな貴社の成長のためにぜひ本セミナーをご活用ください。

CTR IMG