『PeRRY 4』発刊

イメージをカタチにすることは、けっこう簡単。難しいのはカタチにするためにかかるお金を調整すること。クリエイティブとコストのバランスをとり、そこに方々から集めた思いを足して、創造を超えたカタチに仕上げる。これがクリエイティブプリンティングの妙味です。

このたび発刊されました、『PeRRY』もそんな一冊。本号で4冊目となりますが、毎号ちょっとした仕掛けがあり、製造工程を一筋縄で組めたことがありません。今号の仕掛けは横浜で昼花火を創った職人の特集にちなんでのポップアップ。この丸い花火型のポップアップ、簡単に折れているようにみえますが、実はかなり厄介なのです。丸く抜いた(刃を丸く成形してドスンと1枚ずつ切り取ります)あと、容易に手で折れるようにするため折りスジを入れます。このスジ位置を決めるのが難しい。机上での計算で折ると、紙の厚みが影響しパタンと閉じなくなってしまいます。ですので、直径ではなく半径で割り、コンマ5刻みで上下へ微調整をしました。パタン。これで綺麗に閉じることができました。

IMG_9153

『PeRRY』は、横浜のカルチャー・人・都市・アート・エンターティメント・歴史などを紹介する魅力てんこ盛りのシティブランディングマガジンです。横浜美術館や赤レンガ倉庫、大さん橋ポートショップ、象の鼻テラスなど、横浜の観光スポットで手に取ってご覧頂けます。天空澄み切る実りの秋、美味しいものを探しがてら、『PeRRY』に会いに横浜へおいでやすー。

IMG_9162

『PeRRY 4』

定価:1,200円(税別)

発行人:近澤弘明

編集人:中川憲造

発行:一般社団法人横濱まちづくり倶楽部

エディトリアルディレクター:中川憲造

エディター:田中あづさ 栗原正明 本田麗子

デザイナー:森上暁

プリンティングディレクター:竹見正一

印刷・製本:株式会社協進印刷

IMG_9161

クリエイティブ・プリンティングの最新記事8件

NO IMAGE

STOP!自殺~生きるのがつらそうな友だちのために、あなたにできること~

警察庁と厚生労働省から2020年の自殺者が11年ぶりに増加、前年比750人増(3.7%増)2万919人(1/22時点)と発表されました。 あなたの身の回りにももしかしたら辛い思いを抱え、悩んでいる人がいるかもしれません。心配だな、声をかけようか…でもなんて言ったらいいの…?そんなとき役に立つ「TALKの原則」を解説した小冊子を作成しました。子どもから大人まで、分かりやすい内容になっています。 cocollabo特設サイトからは、啓発ポスターが無料ダウンロードできます。学校や会社に貼って「TALKの原則」をみんなに教えてあげてください。

CTR IMG