私はこんな本を読んできた-印刷業界人の「本棚」

桜の開花予想も発表され、今日は春の足音がきこえてくるお天気ですね。
それと同時にウイルスの退散の足音もきこえて欲しいものです。

さて、みなさんはどのくらい読書されていますか?
最近は電車でも、本よりスマホを見ている方が多いですよね。そういうわたしも読書は後回しになりがちです(^^;)
そんなわたしにピッタリな弊社の取り組みがありまして、正社員は月2冊、フレキシブル社員は月1冊の読書をしましょう!という目標があります。(昨年度までは正社員も月1冊だったのですが、増やしました)
そのおかげで、わたしも読書が習慣になりつつあり、強制(?)で始めるのも悪くないなぁと思っている真島です。
ですが、今日はわたしが紹介するのではなく、印刷出版研究所発行の「印刷情報」で江森が本の紹介をしていますので、そのお知らせです。

印刷業界人が仲間におススメする本

コロナウイルで自宅にいることが増えてる方も多いと思います。江森おススメの本は気軽に読めそうもありませんが(笑)、ご興味あるかたはぜひ~。

NO IMAGE

脱プラスチックで海をきれいに!紙製クリアファイルであなたもSDGsをはじめよう!

プラスチックごみによる海洋汚染は世界中で深刻な問題と化しています。
2015年の調査では、世界中の海には1億5,000万トンものプラスチックゴミが存在しており、さらに少なくとも年間800万トンが新たに流出していると推定されています。
世界中がこの問題を深刻に捉えており、プラスチックに対する規制を求める議論も進んでいる一方、多くの企業でも脱プラに向けた取り組みは進んでおり、リサイクルペットボトルを使用する飲料メーカーや、ストローを紙製にする飲食店などは馴染み深いでしょう。
そして私たち一人ひとりも、身近なプラスチック製品を代替品に変えることで脱プラに貢献できます。たとえば毎日使っているそのクリアファイルも。

CTR IMG