自分の「mioまも〜る」

先週は夏のような気候でしたが、今週は打って変わってとても寒く驚いております。こうも寒暖差が激しいと体が悲鳴をあげてしまいそうで少々不安な本橋が今週は担当です!

先日発行した弊社活動報告誌「JO」31号で紹介しましたが、ありがとうの日から始まった「危険から身を守る啓発ボード」が、「mioまも〜る 危険から身をまもるアドバイスボード」と名称を改め、販売開始しました👏

JOには載せていませんので、ここでは名称の由来を紹介します。

mioまも〜る

” mio “は、イタリア語で「私の」という意味と日本語の「身を」をかけて、自分をまもる、身を守る、から名付けました。
ありきたりな名前ではつまらない!という当社のこだわりが詰まっています!笑

約1年をかけてシリーズ化し、住宅火災防火、熱中症予防、特殊詐欺(オレオレ詐欺)防止、ウイルスなどの感染症予防という4つの観点から、高齢者の方が日常生活で直面する危険に対する啓発とアドバイスを目的として、商品化しました。また、各専門機関の監修のもと、信頼できる情報のみを掲載し、誰にでも読みやすいMUD(メディア・ユニバーサル・デザイン)を採用しています。

↓商品紹介のチラシはこちら

たくさんの高齢者の方に行き届いて欲しいという思いから、企業や団体の社会貢献ツールとしてご活用いただけるよう名入れができるようにしました。地域の方々にプレゼントしてはいかがでしょうか。

この「mioまも~る」が予防の一助になれば幸いです。

【本商品に関するお問い合わせ】
本橋愛加(モトハシ アヤカ)
TEL:045-431-6611
Email:motohashi@kyoshin-print.co.jp 




ソーシャル・マーケティングの最新記事8件

>CX向上のためのCSR講座

CX向上のためのCSR講座

顧客満足度を向上させるための要素として、CX(カスタマーエクスペリエンス)の重要度が高まっています。顧客が企業や店舗を選定する上で、商品そのものの良さや金額の納得感だけでなく、その企業や店舗を通しての「顧客の経験」全体が満足度と密接に関係しているからです。そして「経験」の中には、その企業がどんな企業なのか、どのような理念をもって活動しているのか、といった企業そのものへの評価も含まれています。顧客は「良き企業」との経験を通じて満足度を高めていくと考えられます。 そして「良き企業」に向かうためのキーワードが「CSR」です。環境保護、働き方改革、SDGs、コンプライアンス、社会貢献など、 近頃話題になっているこれらのキーワードはすべて「CSR」の取り組みです。企業に対する社会の目が厳しさを増す今日、「CSR」を理解しておくことが実はCX向上への近道なのです。主に中小・中堅企業の経営者、経営幹部、総務部長、CSR担当者向けにCX向上のためのCSR講座を開催します。

CTR IMG