「ありがトゥナイト2020」今年はリアル&オンラインで開催

 7回目を迎える協進印刷CSR報告会「ありがトゥナイト2020」。今年は新型コロナウイルス感染防止の懸念から、これまでのスタイルを変更し、来たる11月20日(金)リアル&オンラインで開催することになりました。

 リアル開催の会場は例年と同じみなとみらいランドマークプラザドックヤードガーデンの「Bukatsudo」。感染予防策を徹底し、14時〜16時30分にパネル&作品展示を行います。もちろんスタッフは常駐しておりますので、お気軽にお越しいただき、ご意見やご感想などいただけたらたいへんうれしく思います。

 そして、15時より同会場からの生中継でZoomを使ったオンライン報告会を開催。社長はじめ各担当者から昨年末から今年にかけての取り組みについて報告させていただき、オンライン参加の皆さまからもご意見やご質問をいただきながら、コロナのこと、これからの社会のことなど語り合う時間にしていきたいと考えています。

 これまでなかなかご参加いただけなかった方の中にはオンラインなら参加できるという方もいらっしゃると思いますし、新しい形の「ありがトゥナイト」にぜひご期待いただきたいと思います。

 例年ご参加いただいている方々には、気分も新たにリニューアルした招待状を送付させていただきますが、この記事を読んで参加してくださるという方は下記の「ありがトゥナイト2020」参加申込専用ページよりご登録お願いします。

 晩秋の一日、企業、NPO、行政、学校などの垣根を越えて、地域のことやCSRについて考える機会となるよう、スタッフ一同準備を進めておりますので、多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

NO IMAGE

脱プラスチックで海をきれいに!紙製クリアファイルであなたもSDGsをはじめよう!

プラスチックごみによる海洋汚染は世界中で深刻な問題と化しています。
2015年の調査では、世界中の海には1億5,000万トンものプラスチックゴミが存在しており、さらに少なくとも年間800万トンが新たに流出していると推定されています。
世界中がこの問題を深刻に捉えており、プラスチックに対する規制を求める議論も進んでいる一方、多くの企業でも脱プラに向けた取り組みは進んでおり、リサイクルペットボトルを使用する飲料メーカーや、ストローを紙製にする飲食店などは馴染み深いでしょう。
そして私たち一人ひとりも、身近なプラスチック製品を代替品に変えることで脱プラに貢献できます。たとえば毎日使っているそのクリアファイルも。

CTR IMG