第二話 字体と字形

 第一話では「書体」と「フォント」の違いについてお話しましたが、今回はこれまたまぎらわしい「字体」と「字形」です。

 「字体」とは、例えば「言」は、〈ちょんの下に横棒三本、その下に横長の長方形〉というような文字の形に関する概念のことです。それを形に表したのが「字形」です。意味不明ですね(笑)。例えば、「言」という字の一番上の〈ちょん〉を、斜め45度に書く人もいれば、垂直に書く人もいますが、これは「字形」の違い。どちらも「字体」は同じです。

 「字体」の違いとして代表的なのは「旧字」。「総」と「總」は同じ文字(字種)でも字体が違います。一方、「総」と「総」は字形が違うだけで字体は同じです。

 私たちの日々の仕事では、コンピュータで出てこない文字をお客様から指定されて、オーダーメイドで作字することがしばしばあります。「髙𣘺さん」や「栁さん」は最近のフォントには収録されているので問題ないのですが、近頃多いのが鈴木さんの「鈴」の字のつくりが「令」であるとか「令」であるとかいう主張です。これは新元号発表の記者会見で菅官房長官が掲げた令和の「令」の字の影響ではないかと想像しますが、これまでは明朝体やゴシック体など、いわゆる活字体では「令」、楷書体などの筆記体では「令」という字形になるのが慣例だったので、楷書体で「令」や、明朝体で「令」という字形の文字はコンピュータフォントには収録されていないのです。

 現在、アドビシステムズ社の規格で最も収録数の多い「Pr6」は2万3058字。ひと昔前は8千字程度だったので、これでもずいぶん楽になりましたが、戸籍上日本人の氏に使える文字は5万5271字。印刷会社が作字作業から解放される日はまだまだ遠そうです。

あなたの知らないふぉんとのはなしの最新記事8件

NO IMAGE

脱プラスチックで海をきれいに!紙製クリアファイルであなたもSDGsをはじめよう!

プラスチックごみによる海洋汚染は世界中で深刻な問題と化しています。
2015年の調査では、世界中の海には1億5,000万トンものプラスチックゴミが存在しており、さらに少なくとも年間800万トンが新たに流出していると推定されています。
世界中がこの問題を深刻に捉えており、プラスチックに対する規制を求める議論も進んでいる一方、多くの企業でも脱プラに向けた取り組みは進んでおり、リサイクルペットボトルを使用する飲料メーカーや、ストローを紙製にする飲食店などは馴染み深いでしょう。
そして私たち一人ひとりも、身近なプラスチック製品を代替品に変えることで脱プラに貢献できます。たとえば毎日使っているそのクリアファイルも。

CTR IMG