環境印刷の王道「GPマーク」

印刷物でも環境に配慮したいけど、どこに気をつければいいの?とお悩みの方も多いのでは?日本印刷産業連合会が認定する「GP(グリーンプリンティング)」製品なら、環境のことはすべて解決。まさに環境印刷の王道なのです。

そもそもGPマークとは?

日本印刷産業連合会が設置している認定制度で、多くの印刷製品の環境マーク(FSC認証マーク、バタフライマーク、ベジタブルインキマーク)が紙やインキ、製造工程の一部を対象にしているものに対して、GPマークは資材から製造工程までの総合的な環境配慮を目的としています。

印刷物にGPマークを表示することによって、①印刷資材、②製造工程、③印刷会社の取り組みの全てが、環境に配慮されていることがすぐにわかります。(環境省のHPでも公開されています。)

GPマークを表示するには?

印刷物にGPマークを表示するには、GP認定工場で印刷する必要があります。さらに製本やデリバリーまでGP認定工場が担当した場合は、最高ランクのスリースター認定が受けられる場合もあります。認定工場は連合会のホームページで検索できます。

当社では、2007年に初の認定を受けて以来認定の更新を続けています。2021年1月現在、横浜市内の認定工場は3社のみとなっています。

環境に優しい印刷をお探しの方、CSRの取り組みの一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

環境製品の最新記事8件

NO IMAGE

すぐできるSDGsのヒント〜海の豊かさを守ろう編〜

2015年に国連が策定した2030年までの世界共通の目標であるSDGs(持続可能な開発目標)は、コロナ禍で一層注目が集まっており、もはや「やった方が良いこと」から「やらなければならないこと」として定着しつつあります。 このセミナーは、いますぐ取り組める具体的なSDGsの取り組みを提案し、その取り組みが必要とされる背景、いま直面している課題について、明るくわかりやすく解説します。 今回のテーマはSDGsのゴール14「海の豊かさを守ろう」。 国連が示している17のゴール、169のターゲット、232の指標のどこに該当するのかもわかりますので、SDGsウォッシュといわれるような根拠のない取り組みになってしまう心配もありません。サステナブルな貴社の成長のためにぜひ本セミナーをご活用ください。

CTR IMG