環境印刷の王道「GPマーク」

印刷物でも環境に配慮したいけど、どこに気をつければいいの?とお悩みの方も多いのでは?日本印刷産業連合会が認定する「GP(グリーンプリンティング)」製品なら、環境のことはすべて解決。まさに環境印刷の王道なのです。

そもそもGPマークとは?

日本印刷産業連合会が設置している認定制度で、多くの印刷製品の環境マーク(FSC認証マーク、バタフライマーク、ベジタブルインキマーク)が紙やインキ、製造工程の一部を対象にしているものに対して、GPマークは資材から製造工程までの総合的な環境配慮を目的としています。

印刷物にGPマークを表示することによって、①印刷資材、②製造工程、③印刷会社の取り組みの全てが、環境に配慮されていることがすぐにわかります。(環境省のHPでも公開されています。)

GPマークを表示するには?

印刷物にGPマークを表示するには、GP認定工場で印刷する必要があります。さらに製本やデリバリーまでGP認定工場が担当した場合は、最高ランクのスリースター認定が受けられる場合もあります。認定工場は連合会のホームページで検索できます。

当社では、2007年に初の認定を受けて以来認定の更新を続けています。2021年1月現在、横浜市内の認定工場は3社のみとなっています。

環境に優しい印刷をお探しの方、CSRの取り組みの一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

環境製品の最新記事8件

>CX向上のためのCSR講座

CX向上のためのCSR講座

顧客満足度を向上させるための要素として、CX(カスタマーエクスペリエンス)の重要度が高まっています。顧客が企業や店舗を選定する上で、商品そのものの良さや金額の納得感だけでなく、その企業や店舗を通しての「顧客の経験」全体が満足度と密接に関係しているからです。そして「経験」の中には、その企業がどんな企業なのか、どのような理念をもって活動しているのか、といった企業そのものへの評価も含まれています。顧客は「良き企業」との経験を通じて満足度を高めていくと考えられます。 そして「良き企業」に向かうためのキーワードが「CSR」です。環境保護、働き方改革、SDGs、コンプライアンス、社会貢献など、 近頃話題になっているこれらのキーワードはすべて「CSR」の取り組みです。企業に対する社会の目が厳しさを増す今日、「CSR」を理解しておくことが実はCX向上への近道なのです。主に中小・中堅企業の経営者、経営幹部、総務部長、CSR担当者向けにCX向上のためのCSR講座を開催します。

CTR IMG