冊子を作るコツ教えます。

皆さんは冊子を作る際、ページ数はどのように決めていますか? 表紙の裏の呼び名は?
ムダなく低コストで作れて、印刷会社の担当者とも話が通じる。そんな冊子の全体構成のコツを公開します。

ページ数はできれば16の倍数。ダメでもせめて8の倍数で。

皆さんがオフィスやご家庭でお使いのプリンタは、A4の紙を1枚ずつセットして印刷するのが一般的だと思いますが、オフセット印刷ではもっと大きな紙に印刷することができるため、一度にたくさんのページを印刷します。1枚の紙にたくさんのページを付けることを「面付け」と言いますが、例えば一般的なオフセット印刷機の場合、A4のページを8ページ分面付けすることができます。片面8ページ、両面で16ページですから、A4の冊子の場合は総ページ数が16の倍数になっていると効率良く作れるというわけです。オフセット印刷機は、もう少し小型のものも多く普及しているので、16の倍数が難しい場合は、せめて8の倍数にしておくとムダがありません。
最近は少部数の場合はもっと小さな印刷機を使うことも多くなっているので、4の倍数でもOKな場合もあったりします。ページ数を決める前に印刷会社に相談してみるのが良いと思います。

ちなみにこの「面付け」、大きな紙に適当に配置するわけではなく、刷り上がった紙を折ったときにきちんとページ順に並ぶように配置します。紙を4つ折りや8つ折りにしてページ番号を書き、紙を広げてみるとどういうふうに面付けされているかがわかりますよ。

綴じ方でも違う!10ページの中綴じはできません!

冊子の綴じ方にもいつくか種類がありますが、代表的なものは次の2つです。
・【中綴じ】見開きの真ん中を針金で綴じる
・【無線綴じ】本の背の部分に糊をつけて表紙で覆う
中綴じの場合はページ数に制約があります。まず見開きの中央を針金で綴じるため、4の倍数のページ数でないと綴じられません。つまり10ページの中綴じ、14ページの中綴じなど、4で割り切れないページ数の中綴じはできないのです。また、針金(ステープルのようなものです)で綴じる関係上、あまり多いページのものは綴じきれません。本屋さんで見かける「週刊ヤング〇〇」のような分厚い中綴じ本もありますが、あれは例外中の例外。専用の機械がないとできません。通常は多くても48ページぐらいまでにとどめておいた方が無難です。

裏表紙ってどこのこと?表表紙の裏はなんて言うの???

電話やメールで印刷会社の営業担当と表紙の打ち合わせをする際に、表表紙の裏ってなんて言うんだろう??なんて困ったことはありませんか?
印刷業界では、表紙に使われている1枚の紙については、本文とは別にカウントする習慣があります。表表紙は表紙の1ページ目だから「表1(ひょういち)」、その裏が「表2(ひょうに)」、本文の最後のページの次、つまり裏表紙の裏が「表3(ひょうさん)」、本の裏側の裏表紙が「表4(ひょうよん)」となります。印刷会社の担当者と打ち合わせする際は、「ひょういち」「ひょうに」と業界用語を使っていただくと間違いがありません。

同じように、表1と表4に印刷が入る場合に「両面印刷」になると誤解される場合も多いようです。表紙だけを手に持って広げてみるとわかりますが、表1と表4は同じ面なので、この場合は「片面印刷」です。

また、1ページ目をどこから始めれば良いのか迷うことも多いと思いますが、表2の次のページを1ページとするのが普通です。ただし中綴じで表紙と本文が同じ紙の場合には表紙を1ページとすることもありますし、表2の次であっても扉や目次にはページ番号を振らないこともありますので、必ずそうと決まっているわけではありません。
ちなみに、本についているページ番号のことは「ノンブル」と言います。

このようにまずは効率の良いページ数と綴じ方を決めてから、そのページ数にあわせたページ構成を考えるようにすると、ページが余ってしまったり、逆に足りなくなってしまったりということが起きます。そこを企画力を駆使して違和感がないようにページを伸ばしたり削ったりというのが、実は編集者の醍醐味だったりします。皆さんもちょっとかっこいい冊子の制作にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

もっとかっこいい冊子を作りたいときは、ぜひ当社にご相談ください!

NO IMAGE

STOP!自殺〜生きるのがつらそうな友だちのために、あなたにできること〜

警察庁と厚生労働省から2020年の自殺者が11年ぶりに増加、前年比750人増(3.7%増)2万919人(1/22時点)と発表されました。 あなたの身の回りにももしかしたら辛い思いを抱え、悩んでいる人がいるかもしれません。心配だな、声をかけようか…でもなんて言ったらいいの…?そんなとき役に立つ「TALKの原則」を解説した動画を作成しました。子どもから大人まで、分かりやすい内容になっています。 人と気軽に会ったり、声をかけたりすることもためらわれる今だからこそ、いつもより少し多めの思いやりが必要なのではないでしょうか。

CTR IMG