毎日ラジオ、深夜にYouTube、週末レコード、たまにフェス

4月5日/月曜日/11時

 昨夕のニュースで池江さんの東京オリンピック出場権獲得を知った。打ち合わせに向かう公道は桜満開、頰を撫でる風も緩く、そう言えば昔、この季節からプールに入っていたな、と思う。中学に上がり水泳部に入部した日、1年生は皆、ジャージのままプールに放り投げられた。その日から朝練含め毎日4時間くらい水の中。コーチは竹刀を振り回す。不条理を冷静に問いただす暇もなく、下校時にウォークマンで聴くジギー・スターダストとともに、朦朧とした日々を受け入れていた。ただ、タイムだけはメキメキ速くなった。あっという間に夏になり、4日間の夏季休暇を迎えた。待ちわびた休暇であったが、もちろん瞬く間に過ぎ行き、さあ、練習再開の日。え?水が軽い。とにかく軽くて、前に進まない。たった4日間泳がなかっただけで。先輩はこうなるのが嫌で、休暇中も泳いでいたと言う。私はタイムを元に戻すためにそれから半月も費やし、夏期後半の試合は散々な結果になった。

 池江さん、おめでとうございます。最高にかっこいいです。次のパフォーマンスも楽しみにしています。

“新しい空に 上昇する心 刻み出すビートもう何でもできそうな気分”
曲:朝の光(fanfare)□□□

4月11日/日曜日/14時

 眠いはずが、そうでもない。昨夜は全く寝ていないのだが、世田谷に向かう心地よい電車の中で座っていても、頭は冴えている。それは松山さんが3日目終了時点で4打差トップのせい。ほんまかいな、こんなこと。胸の高鳴りを落ち着かせるため、イヤフォンへのボリュームを上げる。 My Bloody Valentineのガリガリとおかしな共鳴が気持ちを平坦にしてくれる。でもでも、それでも気になる今夜の最終ラウンド。一昨年他界した父が、ハワイアンオープンを観て泣きながら酒を飲んでいたのを思い出す。あの日以上の瞬間がまた本当に訪れるのか。勝て、勝ってほしい。でも。日々リスクヘッジざんまいの私は、ネガティブ要素ばかりを発掘してしまう。あかんな、あかん。青木が全米オープンでニクラウスに勝つと信じていたあの気持ちを思い出そう。

“花束片手に走れよ、会いたくなったら会いに行きなよ”
曲:会いにいけ!(片手に花束を) インナージャーニー

毎日ラジオ、深夜にYouTube、週末レコード、たまにフェスの最新記事8件

NO IMAGE

STOP!自殺〜生きるのがつらそうな友だちのために、あなたにできること〜

警察庁と厚生労働省から2020年の自殺者が11年ぶりに増加、前年比750人増(3.7%増)2万919人(1/22時点)と発表されました。 あなたの身の回りにももしかしたら辛い思いを抱え、悩んでいる人がいるかもしれません。心配だな、声をかけようか…でもなんて言ったらいいの…?そんなとき役に立つ「TALKの原則」を解説した動画を作成しました。子どもから大人まで、分かりやすい内容になっています。 人と気軽に会ったり、声をかけたりすることもためらわれる今だからこそ、いつもより少し多めの思いやりが必要なのではないでしょうか。

CTR IMG