広報誌を作るコツ教えます。

この時期は新たに広報委員を担当する方も多いのではないでしょうか。広報を作るときに気をつけた方がいいところは?印刷会社に不備なく入稿したい・・・そんな方に広報作成時の注意点をご紹介します。

絵や写真はなるべく端に配置しないこと。

紙面を賑やかにするために写真や、イラストを載せたりしますよね。
みなさんがよく手にする印刷物は、フチのないものが多いと思います。フチ無し印刷(用紙の端まで色を印刷したい場合)は”塗り足し”が必要となります。

塗り足しとは?

ご指定いただいたサイズに仕上げるために印刷用紙の四方を断裁する必要があります。ですが断裁の際、何百枚と用紙を重ねて断裁を行うため、ほんの僅かなズレが生じる場合があります。それにより印刷されていない印刷用紙の色(白)が出てしまうことがあり、背景色を実際のサイズよりも少し大きく(3mm以上)作成していただく必要があります。

タイトルや、顔写真なども配置場所に気をつけましょう。
そしてもう一つのコツが加工する場合のレイアウトです。例えば二つ折りのものであれば、折り目に文字や顔写真、イラストが被らないようにしてみましょう。折り目の部分を避けて文字の間隔を調整したり、少し片側に寄せたりレイアウトを工夫してみましょう。

皆様の素敵な広報作成を応援しています!もっと素敵でかっこいい広報誌を作成したいときには、ぜひ当社にご相談くださいませ!

NO IMAGE

STOP!自殺~生きるのがつらそうな友だちのために、あなたにできること~

警察庁と厚生労働省から2020年の自殺者が11年ぶりに増加、前年比750人増(3.7%増)2万919人(1/22時点)と発表されました。 あなたの身の回りにももしかしたら辛い思いを抱え、悩んでいる人がいるかもしれません。心配だな、声をかけようか…でもなんて言ったらいいの…?そんなとき役に立つ「TALKの原則」を解説した小冊子を作成しました。子どもから大人まで、分かりやすい内容になっています。 cocollabo特設サイトからは、啓発ポスターが無料ダウンロードできます。学校や会社に貼って「TALKの原則」をみんなに教えてあげてください。

CTR IMG