【連載】豆本を作ろう!
第三回 「豆本を印刷しよう」
~製本方法について~

第二回「豆本のコンテンツを作ろう」では、Word、Indesign、Illustratorを使って、本の内容を作りました。

・総ページ数が4の倍数であること

・長辺が3インチ(76mm)以下であること

・余白を意識して文字や絵を配置すること

以上のことに気をつけて、小説と絵本を例にデータを作成いたしました。

第三回の今回は、製本の方法について説明します。

製本の方法によって、印刷の方法も変わっくるので、どのように製本するのか予め決めておく必要があります。

中綴じ

ホッチキスを使う製本方法。表紙と本文をまとめて、中央をホッチキスでとめる。

・中綴じは根本まで開きやすい

・一般に背表紙は作れない

総ページ数は4の倍数でなければならない

・ページ数が多い冊子には不向き

・製本が簡単




無線綴じ

糊を使った製本方法。本の背に糊をつけてとめる。

・無線綴じは根元まで開かない

・背表紙が作れる

・総ページ数は4の倍数でなくても構わない

ページ数が多い冊子に向いている

製本が簡単ではない




平綴じ

ホッチキスを使う製本方法。表紙と本文をまとめ、冊子の背から5mm程度の位置に、上から2~3か所とめる。

・平綴じは根元まで開かない

表紙に糊をつけてくるめば背表紙も作れる

・総ページ数は4の倍数でなくても構わない

ページ数が多い冊子には不向き

・製本が簡単

和綴じ

糸を使う製本方法。
表紙と本文をまとめ、冊子の背から5mm程度の位置に、穴を四箇所ほど開けて糸を通してとめる。

・和綴じは根元まで開かない

・一般に背表紙は作れない

・総ページ数は4の倍数でなくても構わない

ページ数が多い冊子には不向き

・材料の準備と知識は必要だが、製本自体は難しくはない








製本の種類についてわかりましたか?
次回は、それぞれの製本方法にあった印刷を行います。

それでは次回、第四回「豆本を印刷しよう」 ~プロのワザ“面付け”とは?~ でお会いしましょう!

NO IMAGE

脱プラスチックで海をきれいに!紙製クリアファイルであなたもSDGsをはじめよう!

プラスチックごみによる海洋汚染は世界中で深刻な問題と化しています。
2015年の調査では、世界中の海には1億5,000万トンものプラスチックゴミが存在しており、さらに少なくとも年間800万トンが新たに流出していると推定されています。
世界中がこの問題を深刻に捉えており、プラスチックに対する規制を求める議論も進んでいる一方、多くの企業でも脱プラに向けた取り組みは進んでおり、リサイクルペットボトルを使用する飲料メーカーや、ストローを紙製にする飲食店などは馴染み深いでしょう。
そして私たち一人ひとりも、身近なプラスチック製品を代替品に変えることで脱プラに貢献できます。たとえば毎日使っているそのクリアファイルも。

CTR IMG