色の豆知識 / 身の回りにある色の効果

色が人の心理に及ぼす影響については諸説ありますが、科学的にはまだ十分に解明されていないようです。
しかしながら色の心理的効果は広告や街中など、様々なシーンで使われています。
一例をあげると、スーパーや青果店ではみかんが赤いネットに入れられていますが、
これにはみかんをより色鮮やかにおいしそうに見せる効果があるとされています。
ほうれん草などの青菜に紫色のテープが巻いてあるのも、青菜の緑をより鮮やかに見せるためです。


他に有名なものだと牛乳パックの青色があります。
これはパッケージの青を見たあとの補色残像という効果で、牛乳の色をより濃厚なクリームを連想させるような色に見せるためと言われています。
補色残像とは、ある色を見てから目を離すと、他の色が目に残る現象のことです。
例えば赤を見たあとに白をみると、少し緑がかって見えることがありますが、それが補色残像です。
青の補色は黄色なので、牛乳が少し黄味がかったクリームのような色に見えるということになります。


色の効果を利用したものは普段の日常生活の中でたくさん見かけることができます。
近所のお店やお出かけ先などでで探してみるのも面白いかもしれません。

社員のつぶやきの最新記事8件

NO IMAGE

脱プラスチックで海をきれいに!紙製クリアファイルであなたもSDGsをはじめよう!

プラスチックごみによる海洋汚染は世界中で深刻な問題と化しています。
2015年の調査では、世界中の海には1億5,000万トンものプラスチックゴミが存在しており、さらに少なくとも年間800万トンが新たに流出していると推定されています。
世界中がこの問題を深刻に捉えており、プラスチックに対する規制を求める議論も進んでいる一方、多くの企業でも脱プラに向けた取り組みは進んでおり、リサイクルペットボトルを使用する飲料メーカーや、ストローを紙製にする飲食店などは馴染み深いでしょう。
そして私たち一人ひとりも、身近なプラスチック製品を代替品に変えることで脱プラに貢献できます。たとえば毎日使っているそのクリアファイルも。

CTR IMG