色の豆知識 / 身の回りにある色の効果

色が人の心理に及ぼす影響については諸説ありますが、科学的にはまだ十分に解明されていないようです。
しかしながら色の心理的効果は広告や街中など、様々なシーンで使われています。
一例をあげると、スーパーや青果店ではみかんが赤いネットに入れられていますが、
これにはみかんをより色鮮やかにおいしそうに見せる効果があるとされています。
ほうれん草などの青菜に紫色のテープが巻いてあるのも、青菜の緑をより鮮やかに見せるためです。


他に有名なものだと牛乳パックの青色があります。
これはパッケージの青を見たあとの補色残像という効果で、牛乳の色をより濃厚なクリームを連想させるような色に見せるためと言われています。
補色残像とは、ある色を見てから目を離すと、他の色が目に残る現象のことです。
例えば赤を見たあとに白をみると、少し緑がかって見えることがありますが、それが補色残像です。
青の補色は黄色なので、牛乳が少し黄味がかったクリームのような色に見えるということになります。


色の効果を利用したものは普段の日常生活の中でたくさん見かけることができます。
近所のお店やお出かけ先などでで探してみるのも面白いかもしれません。

社員のつぶやきの最新記事8件

NO IMAGE

STOP!自殺~生きるのがつらそうな友だちのために、あなたにできること~

警察庁と厚生労働省から2020年の自殺者が11年ぶりに増加、前年比750人増(3.7%増)2万919人(1/22時点)と発表されました。 あなたの身の回りにももしかしたら辛い思いを抱え、悩んでいる人がいるかもしれません。心配だな、声をかけようか…でもなんて言ったらいいの…?そんなとき役に立つ「TALKの原則」を解説した小冊子を作成しました。子どもから大人まで、分かりやすい内容になっています。 cocollabo特設サイトからは、啓発ポスターが無料ダウンロードできます。学校や会社に貼って「TALKの原則」をみんなに教えてあげてください。

CTR IMG