色の豆知識 / 花の色

季節を彩る花は私たちの生活を潤いあるものにしてくれます。
春の花といえばチューリップやライラック、スイートピーなど。
スイートピーはドライフラワーにも向いているそうで、
最近はとても色鮮やかな生花と変わらないものが売っていて驚かされます。

日本でドライフラワーが広まったのは元禄の頃とされています。
日本では千日紅など、色が濃い目の植物で作っていたらしく、
ドライフラワーという言葉が使われだしたのは昭和になってからです。
当時は色を長く残せる技術や設備はなく
主に花の姿とかすかな残り香を楽しむものになってしまっていたようです。
ひなびた感じの色合いも素敵だと思いますが、花の少ない季節に楽しむことを考えると
やはり色鮮やかなものも欲しくなります。

色を残すために作り方の研究が多方面でなされてきました。
着色などの方法もありましたが、とても繊細な技術が必要で定着しませんでした。
近年、画期的な方法で色を残すことができるようになり
その方法のひとつが食品乾燥機で乾燥させるのだそうです。
食品をおいしさや栄養を守りながら乾燥させるための設備だから
色もそのままに残せたわけです。

現代のドライフラワーは姿とともに色も楽しめるものに進化しましたが
花に色が残っているということは、花が生きて呼吸をしている証しだそうです。

社員のつぶやきの最新記事8件

NO IMAGE

脱プラスチックで海をきれいに!紙製クリアファイルであなたもSDGsをはじめよう!

プラスチックごみによる海洋汚染は世界中で深刻な問題と化しています。
2015年の調査では、世界中の海には1億5,000万トンものプラスチックゴミが存在しており、さらに少なくとも年間800万トンが新たに流出していると推定されています。
世界中がこの問題を深刻に捉えており、プラスチックに対する規制を求める議論も進んでいる一方、多くの企業でも脱プラに向けた取り組みは進んでおり、リサイクルペットボトルを使用する飲料メーカーや、ストローを紙製にする飲食店などは馴染み深いでしょう。
そして私たち一人ひとりも、身近なプラスチック製品を代替品に変えることで脱プラに貢献できます。たとえば毎日使っているそのクリアファイルも。

CTR IMG