オイルのはなし

とは言ってもサラダオイルやオリーブオイルではありません。

寒かったり暑かったりとタイヘンですがいかがお過ごしでしょうか、久方ぶりの現場です。

最近機械の循環オイルを交換しました。本当は定期的に交換しなくてはいけないのですが、なかなかできず←イイワケ① オイルタンクが非常に厄介なとこにあり←イイワケ② 大変なテマヒマと時間がかかるんですわ←イイワケ③

ということで今回はサービスマンに来てもらいました。交換にいたったのは他にもありまして、実はタンクに小さな楊枝くらいのエアー抜きの穴がありましてそこからコポコポとオイルが漏れだしていたのです。そのため床はオイルでビシャビシャになってしまい印刷が出来なくなってしまいました。

サービスマンにタンクの底がヘドロで一杯でしたと言われ、やはり怠ったことでしっぺ返しをくらったわけです。

循環オイルというわけで機械の中を回っているわけですが徐々にホコリやらゴミやらギヤの摩擦のわずかなクズやらでタンクにたまっていくんですね。それによりタンク内でオイルが循環されてなかったようです。

オイルは人間でいうと血液にあたるものでやはり大事なものなんですよね、、、ただやっぱり交換はタイヘンっ!←ホンショウ

 

スギ花粉症持ちの自分としてはまだキビシイ季節です。どうぞ皆様もすこやかにお過ごしください。

 

 

印刷会社のこだわりの最新記事8件

>CX向上のためのCSR講座

CX向上のためのCSR講座

顧客満足度を向上させるための要素として、CX(カスタマーエクスペリエンス)の重要度が高まっています。顧客が企業や店舗を選定する上で、商品そのものの良さや金額の納得感だけでなく、その企業や店舗を通しての「顧客の経験」全体が満足度と密接に関係しているからです。そして「経験」の中には、その企業がどんな企業なのか、どのような理念をもって活動しているのか、といった企業そのものへの評価も含まれています。顧客は「良き企業」との経験を通じて満足度を高めていくと考えられます。 そして「良き企業」に向かうためのキーワードが「CSR」です。環境保護、働き方改革、SDGs、コンプライアンス、社会貢献など、 近頃話題になっているこれらのキーワードはすべて「CSR」の取り組みです。企業に対する社会の目が厳しさを増す今日、「CSR」を理解しておくことが実はCX向上への近道なのです。主に中小・中堅企業の経営者、経営幹部、総務部長、CSR担当者向けにCX向上のためのCSR講座を開催します。

CTR IMG