ありがと Night

CSR「corporate social responsibility」のresponsibilityがスムーズに言えない真島です。

先月のことになりますが、弊社CSR報告会「ありがトゥナイト2017」を開催し、その様子が業界紙プリテックステージニュースに掲載されました。

今年で4回目の開催になり、「ありがトゥナイト」の呼び名もやっと馴染んできたかなと感じています。思い起こせば4年前、プロジェクトメンバーが集まり、「まずはタイトルだよね。ただの‟CSR報告会”ではうちらしくないし、面白味がない。なんかこうキャッチ―な、耳に残るような、そんな名前がいいよね」などと話し合っていたところ、部長の「夜の‟ありがとうの日”みたいなイメージだよね」という一言から、「ありがとうNight・・・ありが to Night・・・ありがトゥナイト!」になった記憶があります。ものすっごい昭和臭がぷんぷんなのですが、ダジャレの要素もあり、聞いたら笑っちゃうような、なにそれー?なにやるの??って思ってもらえる力があるんじゃないかと、いまではお気に入りの呼び名です。

わたしの世代の方はご存知だと思うのですが、「ときめきトゥナイト」という漫画がありまして、幼心にときめいていたことを思い出します。そんなわたしは「ありがトゥナイト・ときめきトゥナイト」って連続して頭に浮かぶんですよね。いつまでもときめいていたいと思います。

 

NO IMAGE

脱プラスチックで海をきれいに!紙製クリアファイルであなたもSDGsをはじめよう!

プラスチックごみによる海洋汚染は世界中で深刻な問題と化しています。
2015年の調査では、世界中の海には1億5,000万トンものプラスチックゴミが存在しており、さらに少なくとも年間800万トンが新たに流出していると推定されています。
世界中がこの問題を深刻に捉えており、プラスチックに対する規制を求める議論も進んでいる一方、多くの企業でも脱プラに向けた取り組みは進んでおり、リサイクルペットボトルを使用する飲料メーカーや、ストローを紙製にする飲食店などは馴染み深いでしょう。
そして私たち一人ひとりも、身近なプラスチック製品を代替品に変えることで脱プラに貢献できます。たとえば毎日使っているそのクリアファイルも。

CTR IMG