ここみて港北

昨日、街カフェの大倉山ミエルさんへ伺いました。訪問目的は、ここみて港北というプロジェクトの紹介ツールのお届けです。ここみて港北は、震災や災害、緊急時に必要な情報を、いち早く妊婦さんやご家族に届け、赤ちゃんや小さい子どもの生命を守りたいという思いから、NPO法人孫育て・ニッポンのぼうださんと、大倉山ミエルの鈴木さんによって立ち上げられました。災害時以外も「今」使える情報、サポート、オンライン講座、区の健診、支援拠点、広場などの最新情報などなど、スマホアプリLINEを通じ、適時発信されます。「災害時は、病院や区役所も不眠不休の対応で、市民へのサポートや情報提供をしたくてもできないことがあるから、地域で補えることがあるならなんとかしたいし、なんでもやる」というぼうださんの熱い言葉に共感し、弊社も立ち上げに少しだけ協力させていただきました。妊婦さんや赤ちゃんのいるご家庭の皆さん、是非ご登録を!

左から、鈴木さん、ぼうださん、私

狙ったわけではないのですが、訪問がちょうど大人気の限定ランチの時間と重なり、1食分だけ取り分けてくださっていたようで、ナマズのスパイシーカレーをいただきました!とっても美味しかったです。

画像はありませんが、デザートの黒ビールカカオケーキも絶品でした!

NO IMAGE

脱プラスチックで海をきれいに!紙製クリアファイルであなたもSDGsをはじめよう!

プラスチックごみによる海洋汚染は世界中で深刻な問題と化しています。
2015年の調査では、世界中の海には1億5,000万トンものプラスチックゴミが存在しており、さらに少なくとも年間800万トンが新たに流出していると推定されています。
世界中がこの問題を深刻に捉えており、プラスチックに対する規制を求める議論も進んでいる一方、多くの企業でも脱プラに向けた取り組みは進んでおり、リサイクルペットボトルを使用する飲料メーカーや、ストローを紙製にする飲食店などは馴染み深いでしょう。
そして私たち一人ひとりも、身近なプラスチック製品を代替品に変えることで脱プラに貢献できます。たとえば毎日使っているそのクリアファイルも。

CTR IMG