紙ファイルでSDGs
「脱プラスチックで海を守るファイル。」

レジ袋が有料になったり、ストローが紙製になったりと、かなり身近になってきた”脱プラスチック”。
でも、会社で取り組もうと思うと、変えられるものってそんなにないなあ…と思っていませんか。
会社でも”脱プラスチック”したい!という声にお応えして、オリジナル商品「紙製クリアファイル」を開発しました。仕事中に使うプラスチック製品としては、最も使用頻度が高いもののひとつ「クリアファイル」を”脱プラスチック”してみませんか。

今回「紙製クリアファイル」の開発にあたっては、大きさ、紙質、デザイン、製造工程にいたるまで、すべてゼロから検討しました。大きさ、形状は使い勝手を考えていわゆるフツウのクリアファイルと同じ。その上で紙でも「ファイル」としての役目を果たせる強度を確保しつつ、適度なしなやかさを保つために、紙の選定には特に時間をかけました。最終的にアパレル等ハイエンドの紙袋などに使われる紙に決定。紙ならではの手触り、適度にハリがあって破れにくく、紙の繊維が織りなす内側の微妙な凹凸で書類などが滑り落ちにくくなっています。
「紙製クリアファイル」の強みはなんといってもそのデザインの自由度。プラ素材のクリアファイルに名入れする場合は、印刷箇所などの制約もありだいたい決まったデザインやレイアウトになりがちですが、「紙製クリアファイル」ならどんなデザインにも対応できます。また印刷面の質感もテカテカしたプラ素材に比べて、しっとり落ち着いていておしゃれ度高いです!

”脱プラスチック”の取り組みはSDGsのゴール14「海の豊かさを守ろう」に、また普通の紙としてリサイクルできる素材を使っていることでゴール12「つくる責任つかう責任」にも貢献、もちろんファイルにSDGsマークを印刷できます。

そもそもの素材の価格が違うので、コスト的にはプラ製におよぶべくもありませんが、消耗品の代替品としてではなく、展示会や新卒向け企業説明会での資料入れ、大切なお客様への提案書入れ等、企業価値や付加価値の訴求が必要な場面で使っていただけると、大活躍間違いなしです!

お問い合わせは、メールまたはお電話で。
E-mail:info@kyoshin-print.co.jp
TEL:045-431-6611

製品・サービスの最新記事8件

>SDGs&CSR実践導入セミナー- SDGCompassを活用してイチから学ぶSDGs導入-

SDGs&CSR実践導入セミナー- SDGCompassを活用してイチから学ぶSDGs導入-

企業は世界の大きな方向性であるSDGsを経営に取り入れて、未来戦略を作っていきたいところですが、SDGsに対する正しい理解のもとで取り入れないと、現状の業務の負担になるばかりか、かえって事業の足を引っ張ることにもなりかねません。 本セミナーでは、SDGsを現代における企業の社会的責任(CSR)のひとつと位置付け、CSRとSDGsの関係性を確認しながら、企業へのSDGs導入マニュアルともいえる「SDG Compass」に基づいたSDGsの導入手法について解説いたします。 単なる流行としてではなく、サステナブルな貴社の成長のために本セミナーをご活用ください。

CTR IMG