色の豆知識 / 日本の伝統色 甕覗(かめのぞき)色

日本の伝統色と大別される色たちがあります。
これは日本特有の文化に基づいた色彩、
また歴史上の資料などに出典がある伝統的な色名称のことで多種多様の色があり、
DICグラフィックス株式会社が再現した色見本帳なども有名です。

その日本の伝統色の中に甕覗(かめのぞき)色というのがあります。
これは藍染の最も淡い色を示すもので、白に近いごく薄い藍色、
やや緑がかっている気もするやわらかく淡い色です。
この印象的な色名の由来にはいくつかの説があります。

有名なものだと、藍染めをするときに、「藍甕をちょっと覗き込むくらいの短い時間漬けて染めた色」という説。

もうひとつ有名なのが「甕に張られた水に空の青色が映ったときの色」というものです。

この色は、色という不確かな存在の中でも特に繊細で儚く、
何か捉えどころのない、ふんわりしたものを感じさせてくれます。
「色というより匂いと呼んだ方がふさわしい」と称されたこともありました。
そんな消えてしまいそうな淡い青にも名前をつけた心の豊かさ、
日本人の細やかな感性や暮らし、季節ごとの空の色など、
情景が目に浮かぶような色名と相まってイマジネーションを掻き立てられる色です。

このように日本の伝統色には印象的な面白い名称がついています。
例えばお正月休みの間などに調べてみるのはいかがでしょうか。
素敵な色との出会いがあり、思いのほか楽しく過ごせると思います。

社員のつぶやきの最新記事8件

NO IMAGE

脱プラスチックで海をきれいに!紙製クリアファイルであなたもSDGsをはじめよう!

プラスチックごみによる海洋汚染は世界中で深刻な問題と化しています。
2015年の調査では、世界中の海には1億5,000万トンものプラスチックゴミが存在しており、さらに少なくとも年間800万トンが新たに流出していると推定されています。
世界中がこの問題を深刻に捉えており、プラスチックに対する規制を求める議論も進んでいる一方、多くの企業でも脱プラに向けた取り組みは進んでおり、リサイクルペットボトルを使用する飲料メーカーや、ストローを紙製にする飲食店などは馴染み深いでしょう。
そして私たち一人ひとりも、身近なプラスチック製品を代替品に変えることで脱プラに貢献できます。たとえば毎日使っているそのクリアファイルも。

CTR IMG