【連載】MUDとは? ~MUDってどうやって作るの?<デザインの現場から>~

さて、第3回の今回は、実例を用いてMUDをご紹介していきたいと思います。

UDフォントという、文字が識別しやすいフォントを選ぶ

UDフォント(ユニバーサルデザインフォント(Universal Design Font))は読みやすく、わかりやすく、シンプルで視認性が高いフォントのことです。
区別がつかない、違う文字と間違えてしまうというようなことがないよう、細かい部分にも配慮・工夫を施してあります。

<UDフォントの例>

①よりシンプルに
まぎらわしい線をなくして、シンプルなデザインにしています。

②濁点・半濁点の誤読を減らす
濁点、半濁点と文字の間に隙間を確保して、視認性を高めています。

③読み間違いしやすい文字の誤読を減らす
例えばS、3、6、8、9などの読み間違いが起きやすい文字の、アキを確保して判別しやすくしています。

文字の大きさに気をつける

年齢によって読みやすい文字の大きさは変わっていきます。
下の表は、年齢別の最小可読文字サイズをまとめてみました。お子様や高齢者向けのものは、大きめの文字を使った方が可読性が上がります。

参考:http://www.unix-d.co.jp/unix-hp/tips/1102.shtml

見分けにくい色を避ける

色覚障がいの方は、判別しにくい色があります。また加齢によっても色の区別がつきにくくなる場合があり、注意が必要です

P型色覚・D型色覚の方は、上図のように色の区別がしにくくなリます。例えば、「青と紫」、「オレンジと黄緑」、「赤と緑」のような色の組合せです。
また、彩度の高い色に比べて彩度の低い色の方が見分けにくくなります。
例えば「水色とピンク」「灰色と水色」「灰色とピンク」が同じように見えます。

例えば、このようなデザインを作ったとします。しかしこのままだと、人によっては文字が読みにくいので、
このような時にできる、いくつかの工夫をご紹介します。

明暗差をつけたり、識別しやすい色の組み合わせにしたり、文字を装飾して見えやすくすると、色覚障がいの方でも判別することができます。

模様や形を工夫して図解する

色覚障害の方や、加齢による視力の低下により、区別がつきにくいものを、色分けではなく、模様や形で表現します。

グラフなどに地模様を入れて判別しやすくする技術を「ハッチング」といいます。グラフや、地図、路線図などを塗り分ける際によく使われます。
また、前述で文字を囲んで視認性を向上させたように、図形を囲うことも判別に役立ちます。

 

ピクトグラムやイラストを利用する

何かを説明する時、文章だけで説明するするより、挿絵やピクトグラムが併記してあると、パッと見てすぐ意味がわかりやすくなります。
お子様や、外国人など、日本語が十分に理解できない方にも、役立ちます。

今回ご紹介したものは、比較的簡単に実践いただける内容かとおもいます。

会社や学校の資料作成などにも役立ちますので、ぜひご活用ください。

次回、「【連載】MUDとは? 〜MUDはこんなところで使われています(事例紹介)〜」では、実際の商品の事例紹介を行います!

NO IMAGE

脱プラスチックで海をきれいに!紙製クリアファイルであなたもSDGsをはじめよう!

プラスチックごみによる海洋汚染は世界中で深刻な問題と化しています。
2015年の調査では、世界中の海には1億5,000万トンものプラスチックゴミが存在しており、さらに少なくとも年間800万トンが新たに流出していると推定されています。
世界中がこの問題を深刻に捉えており、プラスチックに対する規制を求める議論も進んでいる一方、多くの企業でも脱プラに向けた取り組みは進んでおり、リサイクルペットボトルを使用する飲料メーカーや、ストローを紙製にする飲食店などは馴染み深いでしょう。
そして私たち一人ひとりも、身近なプラスチック製品を代替品に変えることで脱プラに貢献できます。たとえば毎日使っているそのクリアファイルも。

CTR IMG